くらし情報『【コブスくんのモテ男道!】糖尿病専門医に聞く。1日1回と3回の食事ではどちらが太る?』

2012年11月6日 17:10

【コブスくんのモテ男道!】糖尿病専門医に聞く。1日1回と3回の食事ではどちらが太る?

つまり、空腹のときに一度に多くの食事をする→血糖が急に上がる→インスリンがたくさん分泌されて脂肪をため込む、ということになります。

食事と血糖、肥満、内臓脂肪の蓄積、糖尿病などを考える上で、このインスリンの働きがとても大切です」

インスリンの分泌を控えるにはどうすればいいのでしょうか。
「こまめに食事すると、血糖値の上がり下がりの波が緩やかになり、インスリンの過度な分泌を抑えることができます。

ですから、1回につき500キロカロリーずつの食事をするほうが、血糖やインスリンの働きを含めて効率よくエネルギーを燃焼させることになります。内臓脂肪をため込みにくい体づくりとなるわけです。

以上の理由で、糖尿病の治療の現場でも、残業やスポーツで小腹がすいたときには、少しの補食(ほしょく。200キロカロリーぐらいまでの食事をする)をして長時間の空腹を避けるようアドバイスをしています」(福田先生)

■1日1食では、自律神経のバランスが崩れる
また、福田先生は、自律神経の働きの上でも、3回に分けての食事を勧めます。
「自律神経には活動モードのときに働く交感神経と、リラックスモードのときに働く副交感神経があります。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.