くらし情報『男女の友情を阻む要因とは?『月極オトコトモダチ』に見る性の壁の心理学』

2019年6月8日 19:55

男女の友情を阻む要因とは?『月極オトコトモダチ』に見る性の壁の心理学

どちらも気持ちのベクトルが向き合っている状態で、違いは「障害」があるかどうか。

例えば、どんなにいい人で仲がよくても、相手が小学生だったら、一般的には恋愛対象にならないですよね。これは「年の差」という障害があるため、お互いに想い合っていても「恋愛」はならず「友情」が成立するのです。

けれども、お互いに年を重ねて精神年齢があまり変わらなくなり、「年の差」に障害を感じなくなったら…。「友情」ではなく「恋愛」に変化する可能性は大いにあります。

もちろん逆もしかりです。価値観の違いなど、別れた理由がどうにも越えられない「障害」になった場合、「愛情」ではなく「友情」が成立します。

男女間には友情が成立しないと思われがちですが、単に異性に対して「障害」を感じるかどうか、それ次第なのです。「障害」を感じる人は友情を築けるし、「障害」を感じない人は「恋愛」しかできないということになります。

■反感の因子が恋を導く?

ところで、女性は親しい男友達が異性と仲良くしていたり、自分の思ったとおりの行動をしなかったりしても、そんなに不満を感じません。

しかし、男性は違います。女友達が異性と仲良くしていたら、「面白くない」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.