くらし情報『男女の友情を阻む要因とは?『月極オトコトモダチ』に見る性の壁の心理学』

2019年6月8日 19:55

男女の友情を阻む要因とは?『月極オトコトモダチ』に見る性の壁の心理学

目次

・男女の友情は成立する?
・友情と愛情は同じ感情
・反感の因子が恋を導く?
・まとめ
男女の友情を阻む要因とは?『月極オトコトモダチ』に見る性の壁の心理学

アラサーの編集者・望月那沙徳永えりさん)は、取材で訪れたお店で謎めいた男性・柳瀬草太(橋本淳さん)と知り合います。彼いわく「男女関係にならないスイッチ」を持っているそう。

男女の友情は成立するのか?疑問に思った那沙は、月極で「オトコトモダチ」になってもらうことに。映画『月極オトコトモダチ』が描く不思議な「男女の関係」に、今多くの男女が注目しています。

■男女の友情は成立する?

那沙と草太が二人でときどき会って話すだけなら、もしかしたら余裕で「友情」が成立したかもしれません。むしろ、「知り合い」以上の関係にすらならなかった可能性も。

この映画の面白いところは、もうひとりの登場人物、那沙の女友達・小野珠希(芦那すみれさん)の存在です。珠希と草太は、近しい音楽性を持っていることを偶然知りえます。

急速に距離を縮める二人を目の当たりにして、那沙の心に湧き起こる焦燥感。これは何を意味するのか…。

男女の友情は、成立するのでしょうか?
よくよく議論される話題ですよね。結論を言ってしまうと、心理学上、友情は成立します。ただ、とある要因が成立しにくくさせているのです。

■友情と愛情は同じ感情

前回の記事でもお伝えしましたが、友情と愛情は同じ感情です。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.