くらし情報『「運命の出会い」のカギは“思い出”の共有!再会から恋に発展する秘訣は?』

2016年10月19日 12:15

「運命の出会い」のカギは“思い出”の共有!再会から恋に発展する秘訣は?

【もしかしてアレは…?幼なじみのわかりづらいお誘い】

◆ゆかりさん(34歳)の場合
ハタチを過ぎてすぐの頃、同窓会で再会した幼なじみ6~7人と意気投合して、近所でたまに飲むようになったというゆかりさん。冬が近づくある日、その中の一人の男子からこんなメールをもらったそうです。

「クリスマス、ぼっちで寂しいから、誰か女の子紹介して」

大真面目に「どんな子がいいの?」と返信したところ、彼は「お前でもいいよ」と。そ、それはもしかして…!

「でも私、『意味わからん』と返信して会話を終わらせちゃったんです。後で友達に話したら『それは、彼なりのお誘いだったのでは?』と言われ、『そうなのか!』とびっくりでした」

その後、くだんの彼は引っ越してしまったので会う回数は減ったものの、いまでも飲み友達だとのこと。それはそれで楽しい関係…なのかもしれませんね。

【終わりに】

子どもの頃から知っている相手って、途中で会っていない期間があっても、なぜか安心感がありますよね。

実家住まいの人は近所でばったりというケースもあるかもしれませんが、きっかけとして一番期待できそうなのは同窓会。これから年末に向かっては飲み会ラッシュですし、お誘いがあったら面倒くさがらず、積極的に参加したいところ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.