くらし情報『毎年、秋に観たくなる! 映画の名作あるある』

2020年9月6日 17:00

毎年、秋に観たくなる! 映画の名作あるある

■『グランド・ブダペスト・ホテル』

多彩なキャラとよく練られたストーリー、色彩の豊かさで飽きさせない、ウェス・アンダーソン監督による人気作。

■『リリーのすべて』

きれいな映像に見入ってしまう。

自分とファッションとの付き合い方を考えさせられる映画。

「そういえば、最近、好きな服を着れていないな」と思う人に観てほしい作品。

■『アメリ』

公開当時、クラスの3分の1くらいの女子が、アメリと同じ髪型にしてた。

赤のカットソーやグリーンのカーディガンが流行って。

クレームブリュレに目覚めたのもあのとき。

■『ミッドナイト・イン・パリ』

秋の夜長にじっくり楽しみたい、時空を超えたロマンティックコメディ。

■『秋刀魚の味』

結婚をめぐる父娘の関係を軸に、老いについて考えさせられる小津安二郎監督の遺作。

笠智衆の終盤の演技が素晴らしい……。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.