くらし情報『【カラータイツを検証】UNIQLOアンクルパンツに合わせた今っぽ足元コーデ』

2020年10月16日 11:00

【カラータイツを検証】UNIQLOアンクルパンツに合わせた今っぽ足元コーデ

目次

・柔らかな色合いで仕上がる「チャコールグレー」
・いつもと違う私になれる気がする「ブラックボルドー」
・心が和らぐ「ローアンバー」
・タイツで叶える「私らしさ」
Phonto 53


気温が18度を下回る日が増えてきましたね。素足ではもちろん寒いですし、パンツスタイルのときにくるぶしあたりが露出するのですら冷えを感じてしまいます。ストッキングを穿けば素足ではなくなりますが、どこか窮屈ですし、見た目にも休日のストッキングってなんとなくしっくりきませんよね……。そんなときにお世話になっているのが靴下屋のタイツです。

靴下屋では30デニールや110デニールなど、幅広い厚さのタイツがありますが、私は今回店員さんにおすすめしていただいた60デニールを3足購入しました。60デニールは肌が透けない厚さですが、厚すぎないのでパンツの下に穿いてもゴワゴワせずにスッキリと穿くことができます。今回はUNIQLOのアンクルパンツの下にタイツを合わせて色の違いをお届けしたいと思います。

■柔らかな色合いで仕上がる「チャコールグレー」

Phonto 52


まず最初に紹介したいのが「チャコールグレー」のタイツです。

私は昨年まで濃いめのグレーを好んで穿いていたので、チャコールグレーは初めて選びました。今までなら少し薄くてタイツの色が浮いてしまうような気がしていたのですが、今年は「くすみカラー」がトレンドなのでコーディネートに薄めのグレー「チャコールグレー」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.