くらし情報『『プーと大人になった僕』はかつて子どもだった人の心に深く沁みる名作』

2018年9月13日 20:00

『プーと大人になった僕』はかつて子どもだった人の心に深く沁みる名作

大人になったクリストファー・ロビン(ユアン・マクレガー)は、妻のイヴリンと娘のマデリンとともにロンドンで暮らしていた。

だがある日、家族と実家で過ごす予定にしていた週末に、クリストファー・ロビンは自身が働く会社”ウィンズロウ商事”の上司から難題を押し付けられ、週末返上で仕事をしなければいけなくなってしまう。

会社から託された難題と、ふたりだけで実家へと向かった妻と娘との家族の問題に悩むクリストファー・ロビンの前に、かつての親友・プーが現れて……。

Sub1

◼︎説明不要の可愛さ、温かさ、そして感動…

大人になったクリストファー・ロビンの前に突然現れ、「クリストファー・ロビン……?」と小首をかしげるプーさんの可愛さには、きっと誰もが悶絶してしまうことでしょう。

そんなプーから「森の仲間たちが見つからない、一緒に探して欲しいんだ」と頼まれたクリストファー・ロビンは、子どもの頃プーたちと過ごした100エーカーの森を訪れます。プーやピグレット、ティガー、イーヨー、カンガとルーの親子。

なにひとつ変わらない仲間たちとの再会に喜びと懐かしさを感じながらも、仕事に戻ろうとするクリストファー・ロビンに、プーは「仕事って、ぼくの赤い風船よりも大事なの?」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.