くらし情報『アートをもっと気軽に楽しむ。「森山大道展」参加レポート』

2019年2月8日 12:30

アートをもっと気軽に楽しむ。「森山大道展」参加レポート

九段下駅から歩いて程なく見えてきたのは、1927年に建てられた旧山口萬吉邸。

2018年に国の有形文化財にも指定されたこの場所は、改築を経て、現在は会員制サロン「九段ハウス」として利用されています。この九段ハウスにて1月24日〜26日の3日間、アートサロン企画第一弾「森山大道展」が開催されました。

目次

・DRESS部員の皆さんをご招待
・写真に現れる、光と陰の世界
・展示されなかった作品を見せてもらう
・アーティスト・プロフィール


展示作のキュレーションを担当したのは、アマトリウム株式会社とアート・コレクターの宮津大輔さん。大道さんが50年にわたって撮影された20点あまりの名作を選りすぐり、作品を囲いながらアートについて気軽に話し、学べる場をご用意いただきました。

■DRESS部員の皆さんをご招待

今回の展示会に特別に招待されたのは、DRESSアンバサダーの神吉さんとDRESS部員の伊原さん、國谷さん。みなさん美術館巡りも好きで、今回の森山大道展もとても楽しみにされていたそう。

作品の解説をしてくださるのは、東京藝術大学大学院にて研究助手をしている加藤杏奈さんと、本展示会の企画を担当するアマトリウム株式会社の丹原健翔さんです。

Img 0245


参加者に解説をする加藤さん(一番右)

今回の展示会では、今までアートに興味があったものの、あまり触れてこなかった方でも気軽に楽しめるような工夫が散りばめられています。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.