くらし情報『大人コーデの味方「白パンツ」は“素材違い”で揃えるといい』

2019年6月21日 12:00

大人コーデの味方「白パンツ」は“素材違い”で揃えるといい

■所持している白パンツは5タイプ

目次

・所持している白パンツは5タイプ
・ホワイトならカーゴパンツでもビジネスシーンで十分通用する
・センタープレスの細身パンツは万能!甘口なニットと合わせて
・ホワイトデニムほど難しく、かつ使えるアイテムはない
・白パンツの魅力は何にでも合い、7変化する所
Img 4399


白パンツと一口に言っても、いろいろな種類があり、それぞれに合うコーデも無限。
私が現在持っている白のパンツ。

1.白のゆるっとしたシルエットのカーゴパンツ
2.ウエストがゴムタイプのイージーパンツ
3.ややアイボリー色で丈短めでワイド気味のパンツ
4.センタープレスのカッチリした細身パンツ
5.ホワイトデニム

同じ「白パンツ」だが、それぞれの持つイメージも全く異なる。それぞれのパンツに合わせてコーデを展開してみた。

■ホワイトならカーゴパンツでもビジネスシーンで十分通用する

Img 4374


本来ならば、カジュアルにラフなイメージのあるカーゴパンツだが、色が白だとイメージがまったく変わる。

紺のシルク風素材のブラウスに、黒のシンプルなパンプスを合わせれば、仕事コーデとしても十分通用する。白の持つ清潔感を最大点に利用することで、十分ビジネスライクなコーデが完成する。

動きやすく、身体のラインを拾わないカーゴパンツは仕事にもぴったりなのだ。

■センタープレスの細身パンツは万能!甘口なニットと合わせて

Img 4379


麻混紡の素材の綺麗な山吹色のニット。背中にリボンが付いていて、かなりスイート。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.