2014年11月5日 12:00|ウーマンエキサイト

いつか結婚したときのために!? 「ほけんの窓口」なら、いまも結婚後もライフステージに合わせて保険を提案

いまはまだ独身で、守るべき家族もいないと、貯金や保険などの将来のことはついついおろそかにしがちですね。でも、結婚したらそうはいかないはず。主婦のお財布事情や貯金、保険についてはどうなっているのか、将来のことを考えると気になりますよね。

いつか結婚したときのために!? 「ほけんの窓口」なら、いまも結婚後もライフステージに合わせて保険を提案

© miya227 - Fotolia.com


現在発売中の『オレンジページ』では、家計のスマート化に役立つ「ほけんの窓口」特集が掲載されています。『オレンジページ』読者のお財布事情などを調査しているので、その結果を見てみましょう。

世帯年収を見てみると、最も多いのは401万~600万円(21.8%)、続いて601~800万円(18.9%)、201~400万円(18.2%)。毎月の貯蓄額は1~3万円未満が18.6%で1位、3~5万円未満が15.2%で2位、0円が13.0%という結果に。独身時代のいまと比べるとどうですか?

その中で、将来の資金に不安を感じることがある人は61.2%にのぼるそう。フリーアンサーでは、「老後の資金」や「税金」「教育費」「医療費」などに不安を覚える人が見受けられ、家計を定期的に見直し、収入・支出・貯蓄のバランスをチェックする必要があるとのこと。やはり主婦ともなれば、子どもの将来も含め、いろいろ考えるべきことが多そうです。

『オレンジページ』と「ほけんの窓口」のタイアップで実現した、『オレンジページ』読者とライフパートナー(「ほけんの窓口」在籍の保険の専門家)による座談会では、独身の人、小さな子どものいる人、大学生の子どものいる人など、さまざまなライフステージにいる人たちがライフパートナーに相談。「老後に必要な貯蓄額は?」や「持ち家と賃貸どっちが得か?」といった誰もが抱く疑問に回答。「ほけんの窓口」では、そんないろいろな情報を得ることができるのですね。

新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.