2015年6月27日 18:00|ウーマンエキサイト

意外と盲点? 失敗談から学ぶ、この夏やっておきたいカビ対策3つ

名久井梨香
ライター
名久井梨香
確認中:通知を受けよう!
確認中:通知を受けよう!
ポップアップが出ないときは、リロードしてください。
通知方法確認
通知が許可されていません。 確認してください。
+フォロー:通知を受けよう!
フォロー中
確認中:通知を受けよう!
エラー。時間をあけてリロードしてください。
梅雨から夏にかけて特に発生する、カビ。風通しが悪かったり、日が当たらなかったりする物件だと、カビが発生しやすいものです。じつは筆者、結婚を機に実家を出たのですが、カビに対する知識がゼロだったため、部屋のいたるところに発生させてしまいました…。そこで筆者の失敗談を元に、対策をご紹介します。

目次

・浴室
・クローゼットの中
・布団のウラ


意外と盲点? 失敗談から学ぶ、この夏やっておきたいカビ対策3つ

(c) gourmecana - Folotia



浴室

水気たっぷりの浴室は、言うまでもなくカビが発生しやすく、不快なニオイがしてきます…。対策として、お風呂上りには浴室全体に冷水をかけ、温度・湿度ともに下げておきましょう。

さらに浴室用のワイパーなどで水切りすれば完璧です。また浴室乾燥機や、換気扇は常時オンにしておくことも忘れずに。

クローゼットの中

クローゼットの中に布製のトートバックをしまっていたのですが、気がつけばそのカバンにカビが…。結局、泣く泣く捨てることに。

水気のないところですが、カビが発生しやすい場所なのがクローゼット。なるべく夏場は開けておき、風通しをよくしましょう。

また、シューズボックスも同様です。こちらも黒いパンプスに白っぽいカビがついてしまったことが…。これは拭いて落ちましたが、除湿剤や防カビ剤を置いておくのが吉。クローゼットやシューズボックスなど、家の中の“ドア”なるものは全開にしておくのがよさそうです。
名久井梨香
名久井梨香の更新通知を受けよう!
確認中
名久井梨香
名久井梨香の更新通知を受けよう!
通知許可を確認中。ポップアップが出ないときは、リロードをしてください。
確認中
名久井梨香
名久井梨香の更新通知を受けよう!
通知が許可されていません。 ボタンを押すと、許可方法が確認できます。
通知方法確認
名久井梨香
名久井梨香をフォローして記事の更新通知を受ける
+フォロー
名久井梨香
名久井梨香の更新通知が届きます!
フォロー中
名久井梨香
名久井梨香の更新通知を受けよう!
エラーのため、時間をあけてリロードしてください。
確認中

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.