2016年3月21日 07:15|ウーマンエキサイト

投資初心者におすすめ、NISAとは(普通のママでもできる投資 Vol.18)

岩城 みずほ
専門家 (ファイナンシャルプランナー(CFP®)認定者))
岩城 みずほ
確認中:通知を受けよう!
確認中:通知を受けよう!
ポップアップが出ないときは、リロードしてください。
通知方法確認
通知が許可されていません。 確認してください。
+フォロー:通知を受けよう!
フォロー中
確認中:通知を受けよう!
エラー。時間をあけてリロードしてください。
カップ 文庫本 タブレット ペン

© Yusei - Fotolia.com


2014年から導入された個人向けの少額投資非課税制度、通称:NISA(ニーサ)をご存じでしょうか。テレビコマーシャルなども盛んに行われていたので、名前を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか?

NISA最大の特徴は、120万円までの利益が非課税なこと

NISAは、今年(2016年)から年120万円を上限に(2015年までは年100万円でしたが、上限額が拡大されました)、累計600万円まで、上場株式や株式投資信託などの配当金や分配金、譲渡益が、最長5年間、非課税になるという制度です。
現在のところ、この制度は平成35年まで10年間存続することになっています。

NISAは、20歳以上で、日本に住んでいる人ならだれでも利用することができます。
今年からは、0歳~19歳までが利用できるジュニアNISA制度もスタートしました。ジュニアNISAについては次回お話しします。

前回お話ししましたが、通常、金融商品の運用益には20.315%の税金がかかりますが、NISA口座で運用すれば非課税になります。ただし、NISA口座で新たに購入した運用商品が対象です。既に持っている運用商品は、対象にはなりません。

NISA口座は、銀行や証券会社で開設することができますが、金融機関によって投資できる商品が異なります。

NISA専用口座を開いて、ラインアップの中から自分で投資商品を選択するのですが、銀行には、上場株式やETF(※)という上場型投資信託がありませんので、開設するなら証券会社の方がおススメです。

(※)上場投資信託。「Exchange Traded Funds」の頭文字をとり、ETFと呼ばれている。東証第1部の全銘柄の動きを反映した株価指数=TOPIXに値動きが連動しているため、ETFを保有することで、TOPIX全体に投資を行っているのとほぼ同じ効果が得られる金融商品。



岩城 みずほ
岩城 みずほの更新通知を受けよう!
確認中
岩城 みずほ
岩城 みずほの更新通知を受けよう!
通知許可を確認中。ポップアップが出ないときは、リロードをしてください。
確認中
岩城 みずほ
岩城 みずほの更新通知を受けよう!
通知が許可されていません。 ボタンを押すと、許可方法が確認できます。
通知方法確認
岩城 みずほ
岩城 みずほをフォローして記事の更新通知を受ける
+フォロー
岩城 みずほ
岩城 みずほの更新通知が届きます!
フォロー中
岩城 みずほ
岩城 みずほの更新通知を受けよう!
エラーのため、時間をあけてリロードしてください。
確認中

新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.