2016年3月24日 05:15|ウーマンエキサイト

夫のLINEを勝手に見たら違法なの?(後編)(法律で切るママトラブル Vol.13)

島田 さくら
専門家 (弁護士)
島田 さくら
確認中:通知を受けよう!
確認中:通知を受けよう!
ポップアップが出ないときは、リロードしてください。
通知方法確認
通知が許可されていません。 確認してください。
+フォロー:通知を受けよう!
フォロー中
確認中:通知を受けよう!
エラー。時間をあけてリロードしてください。
法律で切るママトラブル

法律で切るママトラブル

普段何気なく過ごしている生活の片隅にも、トラブルの目はあるものです。そんなちょっとしたトラブルを、弁護士がわかりやすく解説してくれます。

前編では、他人のスマホを勝手にいじってメールやSNSを盗み見することの違法性について解説しました。後編では、ゲス騒動のLINE流出の原因と言われる「クローンiPhone」を作ったら違法なのか? そして、「スマホを盗み見たことを理由に離婚ができるのか?」について、引き続き、アディーレ法律事務所の島田さくら先生に解説してもらいます。

スマートフォン / 悔しがる女性

© kei907 - Fotolia.com


ゲス騒動のLINE流出の原因と言われるクローンiPhoneを作ると罪になるのか

今回の不倫騒動では、「一体誰がどうやって、他人のLINEを流出させたの?」という点が注目を浴びました。何者かがiPhoneの情報をコピーし、ほかのiPhoneに復元してクローンを作り、LINEの情報を得ていたのではないかと言われています。では、クローンiPhoneを作ると罪になるのでしょうか。

まず、「情報をコピーするためにiPhoneを持ち出すと、iPhoneの窃盗になるのでは?」という点が気になりますが、実は他人が勝手に物を持ち出したとしても、ちょっとの時間借りるつもりで持ち出しただけという場合、窃盗罪は成立しないと考えられています。そのため、仮にiPhoneを持ち出しても、すぐに返せば窃盗罪にはあたりません。

では、iPhoneから情報をコピーしたら、情報の窃盗にならないのでしょうか? この場合、窃盗は形ある物と電気を盗んだ場合にのみ成立すると考えられているので、情報を盗んでも窃盗罪にはあたりません。

しかし、情報をコピーしてバックアップをとったり、別のiPhoneに情報を復元したりする際、アプリ等のプログラムを作った著作者の複製権(著作権のひとつで著作物をコピーする権利)を侵害し、違法となる可能性が出てきます。所有者が必要な範囲でプログラムのバックアップをとることは許されますが、iPhoneやアプリ等の所有者でもなんでもない他人がコピーを取ることは、許された範囲を超えると考えられます。

クローンiPhoneを作っただけ、クローンiPhoneに保存された情報を見ただけというのであれば、罪にはならないでしょう。しかし、クローンiPhoneからネットワークに接続してアプリ等を利用すると、不正アクセス行為にあたる可能性があります。
なお、現在LINEはクローンiPhoneなどによる盗み見対策のため、複数の端末からアクセスできない仕様にしたそうです。
島田 さくら
島田 さくらの更新通知を受けよう!
確認中
島田 さくら
島田 さくらの更新通知を受けよう!
通知許可を確認中。ポップアップが出ないときは、リロードをしてください。
確認中
島田 さくら
島田 さくらの更新通知を受けよう!
通知が許可されていません。 ボタンを押すと、許可方法が確認できます。
通知方法確認
島田 さくら
島田 さくらをフォローして記事の更新通知を受ける
+フォロー
島田 さくら
島田 さくらの更新通知が届きます!
フォロー中
島田 さくら
島田 さくらの更新通知を受けよう!
エラーのため、時間をあけてリロードしてください。
確認中

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.