2016年8月30日 07:00|ウーマンエキサイト

子供に優しくできない母。イライラした時はどうすればいい?【心屋仁之助 塾】

メディアで話題の心理カウンセラー、心屋仁之助さんとその一門があなたの相談に答える「凍えたココロが ほっこり温まる、心屋仁之助 塾」。今回は、「子どもに優しくすることができない」という、ぱほぱほさん(46歳・パート)に、心屋塾上級認定講師の高橋かのんさんからアドバイスをいただきました。

目次

・ぱほぱほさんのお悩み
・心屋塾上級認定講師の高橋かのんさんより
子供に優しくできない母。イライラした時はどうすればいい?【心屋仁之助 塾】

© JackF - Fotolia.com


■ぱほぱほさんのお悩み

娘に対して、優しく接することができません。息子は優しく可愛げがあって、一緒にいても安心できるのですが、娘は、頑固で可愛げがないところが、女の子らしくなくイライラします。しっかりしているのはいいのですが、私の小さいときに似ていて嫌なんだと思います。また、私のようになってしまうのが心配なのだと思います。

自分に対して、娘に対してどうしたらいいのか教えてください。

■心屋塾上級認定講師の高橋かのんさんより

ぱほぱほさん、こんにちは。高橋かのんです。娘さんと息子さんに対して、同じように優しくしたいのにできない。一緒にいる時間が長いだけに苦しいですね。お子さんと言えども、人対人です。同じようには関われないことを、まずは責めないでくださいね。

心配もひとつの愛情です。「将来、幸せになってほしい」と思っているからこそのもの。その愛ある自分を感じましょう。

とはいえ心配からの愛情には、副作用があります。そのひとつが、ぱほぱほさんも体験しているイライラです。相手にとっても「それではダメだ」という否定的メッセージとなり辛いものです。

では、なぜ、イライラしてしまうのでしょう。

それには、2つの原因が考えられます。

・自分がしてはいけないと我慢してきたことを子どもがする
・自分の嫌な部分が似ている、自分の嫌な部分を見せられる

ぱほぱほさんの場合は、後者のようですね。

頑固で可愛げがない自分を(誰かにも言われたかもしまれませんが)、誰よりもぱほぱほさん自身がダメだと思って、責めてきたのではないでしょうか。もしかしたら、今では直して、そうでなくなっているかもしれませんね。だとしたら、尚更、自分と同じように直させることに力が入っていることでしょう。

つまり、自分が自分にしてきたことを、今度は娘さんにしている。相手が変わっただけのことなのです。

新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.