2017年8月14日 07:00|ウーマンエキサイト

夏の思い出を残そう! 2ステップでできる貝がらフォトフレーム【おうちで季節イベント お手軽アートレシピ Vol.20】

やまだ そのこ
ライター (主婦・アニメーション作家)
やまだ そのこ
確認中:通知を受けよう!
確認中:通知を受けよう!
ポップアップが出ないときは、リロードしてください。
通知方法確認
通知が許可されていません。 確認してください。
+フォロー:通知を受けよう!
フォロー中
確認中:通知を受けよう!
エラー。時間をあけてリロードしてください。
夏の思い出を残そう! 2ステップでできる貝がらフォトフレーム【おうちで季節イベント お手軽アートレシピ Vol.20】

こんにちは、そんたんママです。

幼稚園生や小学生の子たちは夏休みも折り返し地点。親子でどこか遊びにいきましたか?
キャンプや海水浴へ行って遊ぶのはもちろん、そんな思い出を形に残せたら良いですよね。
ついでに工作の宿題もまだ…という子にもおすすめ!

今回は、夏の思い出工作の定番とも言える貝がらを使ったフォトフレームを、お悩みポイントを交えてつくりたいと思います!

STEP1 まずは海で宝探し!

夏の思い出を残そう! 2ステップでできる貝がらフォトフレーム【おうちで季節イベント お手軽アートレシピ Vol.20】

海に行ったら遊びがてら、宝探しをしてみましょう。
きれいな貝がらやシーグラス、流木が落ちていたらラッキー!

ただ海によると思うのですが、人がわんさかいる関東の海水浴場にはシーグラスや流木などのお宝はなかなか落ちていないというのがちょっとしたお悩み…。

そんな時はごくごく普通の貝や石で良いのです!楽しんで拾いましょう。

持ち帰った宝物は、きれいに洗って乾かしておきます。

STEP2 貝をフレームにつけよう

夏の思い出を残そう! 2ステップでできる貝がらフォトフレーム【おうちで季節イベント お手軽アートレシピ Vol.20】

まずはフレームに直接貝をつける方法。

必要なのは貝、フォトフレーム、ボンドです。
フォトフレームは装飾のない簡素なものが工作向き。
白く塗ったら夏らしいかなーと思っていたら、白いフォトフレームが100円均一に売っていました。

フレームの天地を確認したら、貝をどのようにつけるか考えます。

どうやって並べていいか迷っちゃう…そんな時は!

夏の思い出を残そう! 2ステップでできる貝がらフォトフレーム【おうちで季節イベント お手軽アートレシピ Vol.20】

どうやって並べていいか悩んでしまう…そんな時は、ABC戦法!

まず貝を色や形で分けます。
似た貝同士でも、A:小さめの貝、B:大きめ貝、C:裏返した貝、のようにするとバリエーションが出ます。

分けた貝をA→B→C→A→B→Cと並べていくと、統一感もあってランダム感もあり! 楽しげな印象に。

夏の思い出を残そう! 2ステップでできる貝がらフォトフレーム【おうちで季節イベント お手軽アートレシピ Vol.20】

並びを決めたら接着。
でこぼこしているので、ボンドをたっぷり塗ります

夏の思い出を残そう! 2ステップでできる貝がらフォトフレーム【おうちで季節イベント お手軽アートレシピ Vol.20】

大きい貝は枠からはみ出してOK!
ただし飾る時にガタつかないよう、天地の地の方にははみ出さないよう気をつけます。

夏の思い出を残そう! 2ステップでできる貝がらフォトフレーム【おうちで季節イベント お手軽アートレシピ Vol.20】

貝がくっついたら完成です!

他にも、シーグラスなどのお宝が少しだけあるという時なんかの並べ方は、カギカッコ戦法がおすすめ。
フレーム全体ではなくカギカッコのように角と角に重点を置けば、素材が少しでもバランスが取れます。

貝をフレームにつけよう(紙粘土バージョン)

夏の思い出を残そう! 2ステップでできる貝がらフォトフレーム【おうちで季節イベント お手軽アートレシピ Vol.20】

お次は紙粘土を使って貝をつける方法。
子どもがつくるにはこちらの方が楽しいと思います!

紙粘土は重いものは壁掛けには適さないものの、早く乾いて丈夫。
軽いものはもろいものの、扱いやすいという印象です。
今回は軽い紙粘土を使いました。

夏の思い出を残そう! 2ステップでできる貝がらフォトフレーム【おうちで季節イベント お手軽アートレシピ Vol.20】

まず紙粘土が取れてしまわないように、念のためフレームにボンドを塗ります。

夏の思い出を残そう! 2ステップでできる貝がらフォトフレーム【おうちで季節イベント お手軽アートレシピ Vol.20】

紙粘土を棒状にしてから

夏の思い出を残そう! 2ステップでできる貝がらフォトフレーム【おうちで季節イベント お手軽アートレシピ Vol.20】

フレームの辺にくっつけます。

夏の思い出を残そう! 2ステップでできる貝がらフォトフレーム【おうちで季節イベント お手軽アートレシピ Vol.20】

表側をすべて紙粘土で包んだら

夏の思い出を残そう! 2ステップでできる貝がらフォトフレーム【おうちで季節イベント お手軽アートレシピ Vol.20】

裏返して、写真をはめるふちの部分や、立てるための穴をふさいでいないかチェック。
紙粘土がついていたらヘラなどを使って取り除きます。

夏の思い出を残そう! 2ステップでできる貝がらフォトフレーム【おうちで季節イベント お手軽アートレシピ Vol.20】

ベースができたら紙粘土が固まらないうちに素材をくっつけましょう。
大きい素材はボンドを塗ってから押し付けると取れにくいです。
やまだ そのこ
やまだ そのこの更新通知を受けよう!
確認中
やまだ そのこ
やまだ そのこの更新通知を受けよう!
通知許可を確認中。ポップアップが出ないときは、リロードをしてください。
確認中
やまだ そのこ
やまだ そのこの更新通知を受けよう!
通知が許可されていません。 ボタンを押すと、許可方法が確認できます。
通知方法確認
やまだ そのこ
やまだ そのこをフォローして記事の更新通知を受ける
+フォロー
やまだ そのこ
やまだ そのこの更新通知が届きます!
フォロー中
やまだ そのこ
やまだ そのこの更新通知を受けよう!
エラーのため、時間をあけてリロードしてください。
確認中

新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.