2018年9月19日 07:00|ウーマンエキサイト

キャンセル待ち33万人…?! 日本一予約がとれない頭のほぐし専門店「悟空のきもち」で学んだこと

酷暑の夏を終えたら、秋の夜長が始まりますね。
…ところで、気持ちよく眠れていますか?

あれこれ考えることが多くてベッドに入ってもすぐ眠れない。カラダは疲れているはずなのに、神経がピリピリして寝つけない。理由はわからないけど、寝れない日が続いている…。
そんな睡眠で困った! を抱えている人に紹介したいのが「悟空のきもち」です。

目次

・悟空のきもち、実際、どうなの?
・役職なし・給料一律の女性だけの会社で、働き方も改善できる?
キャンセル待ち33万人…?! 日本一予約がとれない頭のほぐし専門店「悟空のきもち」で学んだこと

悟空のきもち、実際、どうなの?

あまりの人気でキャンセル待ち人数は33万人超(2018年9月現在)! 「寝落ち」「絶頂睡眠」とテレビなどで取り上げられているのを見たことがある人もいるのでは?
とはいえ、実際のところ、どーなの? 本当に「絶頂睡眠」ってあるの? 目利きライターが「悟空のきもち」を体験してきました。

キャンセル待ち33万人…?! 日本一予約がとれない頭のほぐし専門店「悟空のきもち」で学んだこと

「眠るアトラクション施設」をコンセプトにした原宿神宮店


まず、びっくりするのは、エントランス。
え?私たち、ヘッドマッサージを受けにきたんだよね…?…と、予想を斜め上から裏切る内装。

キャンセル待ち33万人…?! 日本一予約がとれない頭のほぐし専門店「悟空のきもち」で学んだこと
さっそく、カウンセリングを受けて、施術ルームに案内されると、ここでまた …え?この近未来空間って、なに? ワクワクが最高潮に!

キャンセル待ち33万人…?! 日本一予約がとれない頭のほぐし専門店「悟空のきもち」で学んだこと
「寝るもんか。寝るもんか。だって今日は取材できたんだから。なるほど、最初は、全身のチカラを抜くために、こうしてくれるのか。へーその後で、こうやって頭を触るんだなー」施術されながらも、脳みそは、取材メモでいっぱい。

のつもりが。
「終わりましたよ。お疲れさまでした~」の優しい声
…え?寝たつもり、ない。起きていたつもり。なんですけど。「あの、どれぐらいやっていただいていたんでしょうか?」
「45分です」
45分?15分ぐらい?いや20分ぐらいよね?…と、時計に目をやると、確かに、言われた通りの時刻を時計が証明している。
ってことは、私…「寝たという境目がないまま、寝てたっぽい」。

キャンセル待ち33万人…?! 日本一予約がとれない頭のほぐし専門店「悟空のきもち」で学んだこと
「パソコンやスマホなど、目を酷使することが増えたせいもあるのか、血行が悪くなって、頭皮がむくんでいる状態の人が増えているように感じます。頭皮がこったり、むくんだりしていると本当にはリラックスできていないので、当然、睡眠も浅くなり、疲れも取れにくくなります。悟空のきもちで、頭皮がほぐれるというのがどのような感じなのか。その状態だとどれぐらい深く睡眠がとれるのか。一度、体験していただけると睡眠改善につながるのでは?と思います」(香野瑞佳さん)

頭皮のコリやむくみが改善されれば、睡眠の質があがることはわかったけれど…家でできることはないですか?

「悟空のきもちでは、たわし枕を開発しました。睡眠の質をあげたいと思ったら、頭皮を柔らかくして、むくみをとることが近道ですが、たわし枕は頭皮をほどよく刺激してくれます。やわらかく肌さわりのいい枕のほうが気持ちよさそうという思い込みを覆してくれますよ」(高平円さん)
「悟空のきもち」予約はこちら
※LINEでキャンセル待ちを狙うのが一番近道のようです!
たわし枕(熟睡用たわし)についての詳細はこちら

役職なし・給料一律の女性だけの会社で、働き方も改善できる?

なんと、「悟空のきもち」代表が運営する技術スクールがあるんです。独自の理論、テクニックが学べて、もちろん、マスターした後は、「悟空のきもち」で働く方も多数!

「悟空のきもち」のスタッフは、全員女性。面白いのは、社長以外、全員、横並びという組織形態なんだそう! 店長もいなければ、エリアマネージャーもいません。正社員だと170時間勤務分は基本給で固定。また、170時間の勤務時間は1カ月で消化しなくてもいいので、今月は休日を増やして来月にそのぶん勤務を増やす、という働き方も可能。自分の時間を自由に設計できる仕組みなので、子どもの検診があるから○日は有給休暇をください、と申請する必要もありません。

将来、独立・プチ開業することも可能。手に職をつける。ライフスタイルに合わせて働く。「女性を楽しく自由にする」そんな仕組みが「悟空のきもち」のベースにありそうです。
スクールは詳細はこちら

猛烈な暑さが続いた今年の夏。子どもの夏休みが終わって、どっと疲れを感じる人もいるでしょう。

疲れを取るために、まずは、人間の基本の「眠る」ということに改めて意識を向けてみてはいかがでしょうか。「悟空のきもち」は、現代を生きる私たちに「眠りの質」の大切さと「働き方の多様性」を教えてくれました。これからも、注目していきたいと思います!

新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.