くらし情報『「お知らせください」は取引先にも使える? 正しい敬語を紹介』

2023年11月7日 08:00

「お知らせください」は取引先にも使える? 正しい敬語を紹介

◇例文

「お知らせください」は取引先にも使える? 正しい敬語を紹介


*

・「何か変更等ございましたら、私までお知らせください」

・「ご来店される時には、前もって到着時間をお知らせください」

・「商品の発送準備が整いましたので、送り先をお知らせください」

・「スケジュールの件で、何か不都合がございましたらお知らせください」

*

ビジネスシーンではよく使う言葉になるので、会話やメールなどの文書を送る時の例文を参考に活用してみてください。

■「お知らせください」を使う時の注意点

「お知らせください」は、上司や取引先、お客様など目上の人に対して使える正しい表現です。しかし使う上ではいくつか注意点があるので紹介します。


◇(1)「ください」が命令に聞こえる場合がある

「お知らせください」は取引先にも使える? 正しい敬語を紹介


「お知らせください」は、基本的には「知らせてほしい」「教えてほしい」というお願いする時の表現として使います。

しかし「ください」は動詞「くださる」の命令形でもあるため、命令されているように感じる人もいるかもしれません。

上司や取引先でも親しい間柄の方に対しては使用しても問題ないかもしれませんが、関係性によっては他の言葉に言い換えた方が良いでしょう。

◇(2)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.