くらし情報『池袋へ移転後初、パルコミュージアムにて漫画家・安野モヨコの個展がスタート』

2016年9月1日 12:00

池袋へ移転後初、パルコミュージアムにて漫画家・安野モヨコの個展がスタート

「安野モヨコ展 『STRIP!』PORTFOLIO 1996-2016」

Photo by Yuko Kotamoto (c) FASHION HEADLINE


渋谷パルコの一時休業に伴い、「パルコミュージアム」は池袋パルコへと移転。2016年9月1日より池袋パルコ本館7階にてリニューアルオープンした。第1回目の展示となったのは、吉田ユニがアートディレクションをおこなった「安野モヨコ展 『STRIP!』PORTFOLIO 1996-2016」。漫画家の安野モヨコさんの20年の画業を振り返る初めての大規模個展だ。1995年に連載が始まった『ハッピーマニア』から、『さくらん』『働きマン』『シュガシュガルーン』、現在も連載中の『オチビサン』『鼻下長紳士回顧録』まで、少女漫画の枠を超え、女性を取り巻く時代の空気を取り込んで描き出された作品に貴重な原画で再び出会える貴重な展示となっている。展示形態は『さくらん』が遊郭を模した囲いの中、『鼻下長紳士回顧録』はベルベットのカーテンをくぐった先の少し暗い部屋など、表紙イラストや名シーンの原画を作品に合わせた演出が施された空間で見せる演出が行われている。本展覧会は漫画家の原画を扱う個展としてはまれなことに、会場内すべて撮影可能だ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.