くらし情報『アートから食まで、“保存”をテーマにした体験型企画展「保存展」が池袋パルコで開催!』

2016年10月20日 11:00

アートから食まで、“保存”をテーマにした体験型企画展「保存展」が池袋パルコで開催!

「PARCO DESIGN MUSEUM」

デザインを楽しみながら学ぶ体験型企画展「PARCO DESIGN MUSEUM『保存展』」が、10月21日から30日まで池袋パルコ本館7階のパルコミュージアムにて開催される。インテリアとデザインを軸に活動するアッシュ・ペー・フランス BATOMA(場と間)のプロデュースによって開催される本展では、旬なデザインテーマを掲げながら、テーマに特化した展示やワークショップなどの体験型コンテンツを実施する。デザインテーマは“保存”。コレクターによるモノの保存や食材の保存、アーティストが作品にする保存など、一言に言っても“保存”には様々な意味合いが存在する。同展では、そんな保存のあり方を「アート」「コレクション」「食」の3つの切り口で紹介。「アート」では学術的な標本をアートに昇華させた美しくも不思議な「透明標本」を、「コレクション」では4名のコレクターがそれぞれ偏愛する「マック」「中古家具」「標本」「酒瓶」を、「食」では“少数民族の保存”や“発酵”を切り口に様々な保存の在り方を紹介する。また、会期中はコレクションされた標本を顕微鏡で見るなど、展示物に触れられるワークショップも開催。その他、日本発酵文化協会代表理事の横山貴子によるセミナーや、“保存”をテーマに集められた商品を取り扱うミュージアムショップなども行われる。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.