くらし情報『猫好き画家による猫の絵が大集合! 「猪熊弦一郎展 猫たち」が渋谷で開催』

猫好き画家による猫の絵が大集合! 「猪熊弦一郎展 猫たち」が渋谷で開催

2018年3月7日 17:00
 

香川県出身の画家である猪熊弦一郎の“猫”を描いた作品を集めた展覧会「猪熊弦一郎展 猫たち」が、3月20日から4月18日まで、渋谷のBunkamura ザ・ミュージアムにて開催。

関連リンク

・北欧好きにはたまらない!おすすめ観光スポット。【森と湖とストックホルム vol.3】
・haruの恋占い 6月のあなたの物語(3月生まれ)
・目指したいのは大人向けの上品カジュアル♡おすすめコーデ15選
猫好き画家による猫の絵が大集合! 「猪熊弦一郎展 猫たち」が渋谷で開催

(無断転載禁止)
※クレジット付画像を使用しています
猪熊は、戦前にはマティスと交流し、戦後は20年間ニューヨークを拠点に活躍、その後はハワイでも活動。百花繚乱の昭和の画壇にあって試行錯誤を繰り返しながらも、常に独自の境地を維持し、極めて個性的な作品群を残した画家。「いちどに1ダースの猫を飼っていた」ほどの無類の猫好きとして知られ、私生活でも作品のモチーフとしても猫は重要な存在だった。たくさんの猫に囲まれた暮らしのなかで、写実的なスケッチ、シンプルな線描、デフォルメした油彩画など実にさまざまな作品を描いた。本展では百数十点にのぼる作品を、作風や技法、他のモチーフとの組み合わせなど複数の視点から紹介する。

また猫以外の主題の作品も加えた本展の構成は、猪熊の奥深い芸術世界に触れるきっかけとなるよう企画された。地元では親しみをこめて「いのくまさん」と呼ばれる猪熊。香川県にある丸亀市猪熊弦一郎現代美術館で2015年に開催された「猫達」展は、絵画ファンのみならず、全国の猫好きの人々が訪れ話題に。本展はその展覧会をさらにパワーアップし、猫以外の主題の作品も加えた内容で開催される。

猫好き画家による猫の絵が大集合! 「猪熊弦一郎展 猫たち」が渋谷で開催

(無断転載禁止)
※クレジット付き画像を使用しています
かつて「今まで色々と沢山描かれている猫は、どうも自分には気に入らない。それで猫の形と色を今までの人のやらないやり方で描いてみたいと思った。」(“美術の秋「赤い服と猫”報知新聞 1949年10月4日)、そして「愛しているものをよく絵にかくんです。愛しているところに美があるからなんです。」(“「歩く教室」写生会アルバム”「少年朝日」 1950年12月号)とも語った猪熊氏。モチーフとしての猫に対する客観的な視点と、友としての猫に対する敬愛の念が呼応した、彼ならではのユニークな「猫たち」を堪能してみては。

なお、通常前売り券(一般/税込1,100円、大学・高校生/税込700円、中学・小学生/税込400円)と、数量限定のオリジナル缶バッジ付き前売券(一般のみ/税込1,400円)が3月19日まで販売中。【展覧会情報】
猪熊弦一郎展 猫たち」
会期:2018年3月20日~4月18日
会場:Bunkamura ザ・ミュージアム
住所:東京都渋谷区道玄坂2-24-1 地下1階
時間:10:00~18:00(毎週金曜、土曜は21:00まで)※入館は各閉館の30分前まで
料金:一般 1,300円(1,100円)大学・高校生 900円(700円)中学・小学生 600円(400円)
※( )内は前売および団体料金
※団体は20名以上。電話(03-3477-9413)での予約が必要
会期中無休

新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.