くらし情報『2年間限定の豊洲「チームラボ プラネッツ TOKYO DMM.com」に冬の装いに変化した冬季限定の作品が登場』

2018年12月20日 17:00

2年間限定の豊洲「チームラボ プラネッツ TOKYO DMM.com」に冬の装いに変化した冬季限定の作品が登場

2020年秋までの2年間限定で東京・豊洲に2018年7月にオープンしたチームラボ(teamLab)の超巨大没入空間「チームラボ プラネッツ TOKYO DMM.com」。

2016年に東京・お台場で開催し、6時間以上待ちのまま47日間で幕を閉じた「DMM.プラネッツ Art by teamLab」の進化版となる施設で、総敷地面積10,000㎡​の空間内に、超巨大な没入型作品群が展示されている。今回、12月26日より新たに、冬だけ見られる作品と、新宇宙の構成が追加される。

水の中を歩いて進む作品作品「人と共に踊る鯉によって描かれる水面のドローイング - Infinity」の花々は、一年を通じて季節の移ろいとともに、冬の装いへと変化する。水面を泳ぐ鯉は、歩く人々の存在に影響を受け、人にぶつかると寒椿​や​サ イネリア​など、冬の花々に変化し散っていく。

2年間限定の豊洲「チームラボ プラネッツ TOKYO DMM.com」に冬の装いに変化した冬季限定の作品が登場
Drawing on the Water Surface Created by the Dance of Koi and People - Infinity teamLab, 2016-2018, Interactive Digital Installation, Endless, Sound: Hideaki Takahashi
© teamLab

また、光の集合体によって表現された宇宙空間が、全方位に無限に広がるインタラクティブな作品「The Infinite Crystal Universe」

新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.