くらし情報『新しくなった伊勢丹新宿店のウォッチショップ、なにが凄い?』

2019年6月21日 16:30

新しくなった伊勢丹新宿店のウォッチショップ、なにが凄い?

伊勢丹新宿店のウォッチショップが6月19日、本館5階にリフレッシュオープンした。

新しくなった伊勢丹新宿店のウォッチショップ、なにが凄い?

これまでの本館4階とメンズ館の売り場から、5階フロア西側に新たに売り場をを集約させたウォッチショップは、“買えるを変える”をテーマに、高級で敷居の高いイメージを払拭し、気軽に時計に触れることができる環境とブランドの世界観の表現の両立を目指す。

店内装飾はコードヤード(中庭)をテーマにアイボリーの大理石、シルバーのタイル、ナチュラルなウッドを用い、明るい配色を基調とした開放的な空間が広がる。壁側両サイドには11ブランドのブティックが立ち並び、通路中央には柱に沿ってラウンド型のショーケースを設置。ブランドそれぞれの世界観を存分に感じつつ、自由に店内を回遊しながら約70ブランドの時計を比較購買できるハイブリッド型のショップが同店の強みである。

新しくなった伊勢丹新宿店のウォッチショップ、なにが凄い?


新しくなった伊勢丹新宿店のウォッチショップ、なにが凄い?


なかでも注目されるのは、「ブレゲ(Breguet)」「ウブロ(HUBLOT)」「パネライ(PANERAI)」「ヴァシュロン・コンスタンタン(VACHERON CONSTANTIN)」の国内初百貨店直営ブティックとしての出店。加えて既存の「A. ランゲ&ゾーネ(A.LANGE&SÖHNE)」

新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.