くらし情報『「荒木飛呂彦原画展 JOJO 冒険の波紋」東京・六本木の国立新美術館で開催、大阪で巡回展も』

2017年12月18日 12:40

「荒木飛呂彦原画展 JOJO 冒険の波紋」東京・六本木の国立新美術館で開催、大阪で巡回展も

「荒木飛呂彦原画展 JOJO 冒険の波紋」東京・六本木の国立新美術館で開催、大阪で巡回展も

漫画家・荒木飛呂彦の原画展「荒木飛呂彦原画展JOJO冒険の波紋」が、2018年8月24日(金)から10月1日(月)まで、東京・六本木の国立新美術館にて開催される。また、11月25日(日)から、大阪文化会館・天保山での巡回展が決定。大阪で「ジョジョの奇妙な冒険」の展覧会を開催するのは今回が初となる。

ジョジョ誕生30周年のラストを飾る大型原画展
漫画「ジョジョの奇妙な冒険」シリーズで知られる、漫画家・荒木飛呂彦。今回開催される展覧会は、ジョジョ誕生30周年のラストを飾る大型企画。これまでの歴史の集大成であり、史上最大規模の原画展となる。なお、国立美術館で開催される漫画家の個展としては、手塚治虫以来実に28年ぶりであり、史上2人目という快挙だ。

荒木飛呂彦は開催発表と同時に公開された直筆メッセージにて「JOJOが目指して描くものはこの世のあらゆる現象、そして善と悪の闘いを通しての『精神の成長』であります。今回の原画展では、そのキャラクターたちと守り神たちが、同じ時刻、同じ場所に会するイメージ」と、本展の世界観についてコメントしている。

展覧会の見どころ - 完全新作”等身大”のキャラクター原画
展覧会は、全8チャプターで構成。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.