くらし情報『森見登美彦の小説『ペンギン・ハイウェイ』アニメ映画化 - 石田祐康が監督、声優に蒼井優らを起用』

2018年3月4日 16:00

森見登美彦の小説『ペンギン・ハイウェイ』アニメ映画化 - 石田祐康が監督、声優に蒼井優らを起用

そんな折、お姉さんの体調に異変が起こり、同時に街は異常現象に見舞われる。果たして、お姉さんとペンギン、“海”の謎は解けるのか――!?

『夜は短し歩けよ乙女』の森見登美彦による小説が原作
作家・森見登美彦が2010年に発表し、日本SF大賞受賞を受賞したペンギン・ハイウェイを映画化したもの。森見はデビュー作『太陽の塔』で日本ファンタジーノベル大賞を受賞。代表作に『夜は短し歩けよ乙女』などがある。

アニメーション映画化にあたって、第14回文化庁メディア芸術祭アニメーション部門優秀賞を受賞した弱冠29歳の新鋭・石田祐康が監督に就任した。

映画の制作を担当するのは、映画やテレビCMなど多方面でアニメーション映像をプロデュースしている「スタジオコロリド」。繊細かつ温かみのある表現で、原作の爽やかなテイストそのままに、よりスケールアップした作品を描く。

声優に若手女優・北香那、蒼井優、西島秀俊ら
キャストは、主人公・アオヤマ君役に若手女優・北香那。声優初挑戦にして初主演を務める。また、いたずらっぽい明るい一面とミステリアスな雰囲気を併せもつ“お姉さん役に、豊かな演技力で映画『家族はつらいよ2』『彼女がその名を知らない鳥たち』などで活躍する蒼井優が起用される。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.