くらし情報『"スウェーデン映画"の特集上映会が東京・京都・福岡で、巨匠ベルイマンの傑作など24プログラム』

2018年7月29日 17:00

"スウェーデン映画"の特集上映会が東京・京都・福岡で、巨匠ベルイマンの傑作など24プログラム

"スウェーデン映画"の特集上映会が東京・京都・福岡で、巨匠ベルイマンの傑作など24プログラム

「日本・スウェーデン外交関係樹立 150周年 スウェーデン映画への招待(仮)」が、東京・京都・福岡で開催される。東京・国立映画アーカイブにて2018年11月27日(火)から12月23日(日)まで、京都国立近代美術館にて12月7日(金)、8日(土)、福岡市総合図書館にて2019年2月1日(金)から24日(日) までを予定。

スウェーデン映画の特集上映会
2018年4月には第70回カンヌ国際映画祭で最高賞のパルム・ドールを受賞したリューベン・オストルンド監督の『ザ・スクエア 思いやりの聖域』が公開され、7月には生誕100年を迎えた巨匠イングマール・ベルイマン監督の映画祭が全国の劇場で開催されるなど、日本でも盛り上がりを見せるスウェーデン映画。

「日本・スウェーデン外交関係樹立 150周年 スウェーデン映画への招待(仮)」は、日本・スウェーデンの外交関係樹立150周年を記念した、スウェーデン映画の上映会だ。国立映画アーカイブ(旧:東京国立近代美術館フィルムセンター)でのスウェーデン映画の大規模な特集は35年ぶりとなる。

上映会には、ベルイマンの初期の傑作『牢獄』(1949)や『道化師の夜』(1953)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.