くらし情報『メゾン マルジェラ 2019年春夏コレクション - 区別は必要なのか』

2018年10月4日 02:00

メゾン マルジェラ 2019年春夏コレクション - 区別は必要なのか

メゾン マルジェラ 2019年春夏コレクション - 区別は必要なのか

メゾン マルジェラ(Maison Margiela)の2019年春夏「デフィレ」コレクションが、フランス・パリで発表された。6月にメンズ初のオートクチュールとなる「アーティザナル」コレクションを展開したブランドは、今季メンズ・ウィメンズの新作を合同で紹介。しかし、いわゆる合同ショーとは一線を画した性差を全く感じさせない「フリュイド」というコンセプトのもとに行われている。

カテゴライズを辞めることで到達する新しい思想
ジョン・ガリアーノが目指したのは、男性・女性あるいはLGBTなど、ジェンダーをカテゴライズする考えから解き放たれた新しい思考。 そもそもカテゴライズする必要が本当にあるのか…と問いを進めた彼は、新しい時代のマニュフェストを投じる。一番大切なことは、互いに認め合い尊重しあうことではないのか?と問題定義をした彼は「想像力」の大切さを訴えかける。

表と裏を逆にした「インサイドアウト」手法をアイコニックに取り入れ、繰り返し洋服作りを行ってきたブランドからすると、表と裏という区別そのものを拭いさるような、斬新なアイデアである。

ジェンダーの区切りとは?
ランウェイには男性・女性のモデルが登場するが、従来の考えとは全く逆転させ、メンズモデルが女性性の強いものを、ウィメンズモデルが男性性の強いものを着用することで「フリュイド」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.