くらし情報『ナイキから“駅伝”着想のランニングシューズ、ズーム ヴェイパーフライ 4% フライニットなど』

2018年12月9日 16:45

ナイキから“駅伝”着想のランニングシューズ、ズーム ヴェイパーフライ 4% フライニットなど

ナイキから“駅伝”着想のランニングシューズ、ズーム ヴェイパーフライ 4% フライニットなど

ナイキ(NIKE)より、日本独自のデザインが施されたスニーカー「EKIDEN PACK」が登場。

5つのシューズからなる「EKIDEN PACK」は、お正月の風物詩である駅伝から着想を得たスニーカー。アッパーは、ホワイトをベースに蛍光レッドのスウォッシュを配し、日本の国旗を連想させるカラーリングに仕上げた。ミッドソールには、銀箔を散らした和紙をインスピレーション源に、シルバーの斑点を施し、日本伝統の藍染をイメージしたインディゴカラーがアクセントとしてあしらわれている。

登場する5つのモデルの中でも最も注目したいのは、推進力を感じさせるフルレングスのカーボンファイバープレートを搭載した「ナイキ ズーム ヴェイパーフライ 4% フライニット」だ。

「ナイキ ズーム ヴェイパーフライ 4% フライニット」とは
3人のマラソンランナーが2時間の壁に挑戦した2時間の壁に挑戦するプロジェクト「ブレイキング2(Breaking2)」にあわせて開発された「ナイキ ズーム ヴェイパーフライ 4% フライニット」。同シューズを着用し、2018年10月にはシカゴマラソンで大迫傑が2時間5分50秒という日本記録を更新。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.