くらし情報『「萩尾望都 SF原画展」山梨県立美術館で、『11人いる!』の原画などSF作品に着目した約400点』

2019年8月24日 17:00

「萩尾望都 SF原画展」山梨県立美術館で、『11人いる!』の原画などSF作品に着目した約400点

「萩尾望都 SF原画展」山梨県立美術館で、『11人いる!』の原画などSF作品に着目した約400点

「萩尾望都 SF原画展」が、山梨県立美術館にて2019年9月7日(土)から11月4日(月・振休)まで開催される。

「萩尾望都 SF原画展」では、1970年代の少女漫画黄金期を築き、“少女漫画の神様”とも称される漫画家・萩尾望都のカラーイラストやコミック生原稿など約400点を展示。従来少女漫画で類を見なかった本格SF『11人いる!』をはじめ、宇宙を舞台に繰り広げられる壮大なロマンを表現した『スター・レッド』など、人気作品の原画が集結する。尚、山梨県立美術館で漫画の展覧会が開かれるのは今回が初となる。

会場では、1970年代の作品から2000年代の近作まで多岐にわたる作品を紹介。『11人いる!』などエンターテインメント色の濃い70年代の作品に比べ、80年代の、『銀の三角』や『A-A’』などの一角獣シリーズ、未来の地球の特殊な状況を描いた『マージナル』といった作品はより一層本格的なSFの物語となっている。

また、2006年からの「ここでない★どこか」と題した読み切りシリーズでは、SF、ファンタジーの他、家族問題や神話に題材をとった作品も織り交ぜている。2011年の東日本大震災を目の当たりにすると、「原発三部作」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.