くらし情報『映画『きみの瞳(め)が問いかけている』吉高由里子×横浜流星、盲目の女性と元ボクサーの切ない純愛』

2019年10月4日 07:05

映画『きみの瞳(め)が問いかけている』吉高由里子×横浜流星、盲目の女性と元ボクサーの切ない純愛

映画『きみの瞳(め)が問いかけている』吉高由里子×横浜流星、盲目の女性と元ボクサーの切ない純愛

恋愛映画『きみの瞳(め)が問いかけている』が、2020年秋に全国ロードショー。吉高由里子×横浜流星W主演。

韓国が涙した純愛ラブストーリーが原作
原作は、観客動員数130万人を超えるヒットを記録した韓国の恋愛映画『ただ君だけ』。盲目の女性に、報われることのない無償の愛を捧げ続ける男を描いたチャールズ・チャップリンの名作『街の灯』をモチーフにした純愛ラブストーリーで、劇中では視力を失った女性と過去の過ちを抱えながら生きる元ボクサーを主人公に描いている。運命のいたずらによって翻弄されていく2人の物語は、当時多くの観客の涙を誘った。

吉高由里子×横浜流星がW主演
日本版として生まれ変わる『きみの瞳(め)が問いかけている』では、吉高由里子×横浜流星を迎えて映画化。

吉高由里子演じるのは、不慮の事故で視力と家族を同時に失う悲劇に見舞われながらも、小さな楽しみを糧に明るく健気に懸命に生きようと奮闘するヒロイン・明香里(あかり)。「東京タラレバ娘」「わたし、定時で帰ります」など話題ドラマへの出演が絶えない吉高だが、恋愛を主軸とした映画作品に出演するのは『僕等がいた』以来8年ぶりの出来事となる。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.