くらし情報『特別展「江戸ものづくり列伝」江戸東京博物館で - 5人の名工に焦点、甲冑や蒔絵ほか日本初公開作品も』

2019年11月4日 18:55

特別展「江戸ものづくり列伝」江戸東京博物館で - 5人の名工に焦点、甲冑や蒔絵ほか日本初公開作品も

特別展「江戸ものづくり列伝」江戸東京博物館で - 5人の名工に焦点、甲冑や蒔絵ほか日本初公開作品も

特別展「江戸ものづくり列伝 -ニッポンの美は職人の技と心に宿る-」が、江戸東京博物館で開催。会期は、2020年2月8日(土)から4月5日(日)まで。

日本の“ものづくり”をテーマに
「江戸ものづくり列伝 -ニッポンの美は職人の技と心に宿る-」は、日本が世界に誇る“ものづくり”がテーマの特別展。焦点を当てるのは、特色のある5人の日本の名工たち。日本の伝統工芸を通し、人々の生活に潤いと彩りを与えてきた職人の仕事と人生を、江戸東京博物館の所蔵資料を中心とした展示物を通して探っていく。

なお、本展は全6章で構成。それぞれの章ごとに異なった名工や名品をピックアップし、紹介していく。

日本が誇る5人の名工
各章で主役となる5人の名工は、蒔絵師・原羊遊斎と柴田是真、陶工・三浦乾也、金工師・府川一則、超細密工芸師・小林礫斎。いずれも巧みな技術が活きた高い美術性を持つ作品を世に送り出し、多くの人々から愛された名工たちだ。

中でも、蒔絵師・原羊遊斎と柴田是真は、国内のみならず、近年世界的にも注目されている人物。2人が手掛けた、江戸の成熟した文化交流の中で磨かれた“粋と洒落”、そして“ものづくり”を心から楽しむ遊び心に満ちた作品の数々が出展する。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.