くらし情報『「ポーランド映画祭2019」東京都写真美術館で、アカデミー賞受賞作品など20作品以上を上映』

2019年11月10日 16:35

「ポーランド映画祭2019」東京都写真美術館で、アカデミー賞受賞作品など20作品以上を上映

「ポーランド映画祭2019」東京都写真美術館で、アカデミー賞受賞作品など20作品以上を上映

「ポーランド映画祭2019」が、東京都写真美術館ホールで開催。期間は2019年11月10日(土)から23日(土・祝)まで。

日本×ポーランド国交樹立100周年などを記念したプログラム
8回目の開催となる2019年の「ポーランド映画祭」では、日本とポーランドの国交樹立100周年およびポーランド民主化30周年を記念した8つのプログラムを用意。抱腹絶倒のコメディから歴史ドキュメンタリー、スリラーまで様々なジャンルの映画作品を上映する。

日本とポーランドの“絆”を感じる作品たち
1919年に国交を樹立して以来、政治、文化、経済などあらゆる面で友好関係を維持してきた日本とポーランド。そんな両国の“絆”を感じることが出来るような作品として、ポーランド人のアンジェイ・ワイダが監督を務め、坂東玉三郎が男女一役を演じた『ナスターシャ』(1994)や、ポーランド・ウッチ映画大学に在籍していた石川慶による『愚行録』(2017)などをラインナップする。

民主化30周年記念&巨匠への追悼上映
民主化30周年記念映画として共産党政権時代に制作された『月曜日が嫌い』(1971)、2019年のアカデミー監督賞・撮影賞・外国映画賞候補になったシリアスドラマ『COLD WAR あの歌、2つの心』(2018)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.