くらし情報『「世界のかわいい衣装」を集めた展覧会が大阪で、エストニアの靴や中国の帽子を国立民族学博物館から』

2019年11月11日 15:55

「世界のかわいい衣装」を集めた展覧会が大阪で、エストニアの靴や中国の帽子を国立民族学博物館から

「世界のかわいい衣装」を集めた展覧会が大阪で、エストニアの靴や中国の帽子を国立民族学博物館から

展覧会「国立民族学博物館コレクション 世界のかわいい衣装」が、大阪・阪急うめだ本店9階 阪急うめだギャラリーにて開催される。期間は2019年11月13日(水)から25日(月)まで。

「国立民族学博物館コレクション 世界のかわいい衣装」は、世界最大規模の民族学コレクションを持つ国立民族学博物館が収集してきた34万5千点という膨大な資料の中から、“かわいい”をキーワードにセレクトした衣装などを紹介する展覧会。通常見ることのできない貴重なコレクションが、阪急うめだ本店にて期間限定で特別展示される。

会場に展示されるのは、スロバキアの上着やルーマニアの帽子、エストニアの靴、中国の帽子など、1920年代から現在までの衣装約120点。ヨーロッパ、アジア、アメリカ、オセアニア、アフリカから、41の国や地域の衣装が一堂に集結する。

様々な気候や風土、社会、文化の中で発展してきた民族衣装。その魅力は、豊かな色彩や、地域独特の文様、形など多岐に渡る。会場に展示された衣装からは、織りや染め、刺繍、レースなど、多彩な手仕事を感じることができ、その服を着て生きる人々の知恵や創意工夫、技術などを垣間見ることができる。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.