くらし情報『菅田将暉CDジャケット手掛けるアートディレクター矢後直規の大型個展ラフォーレ原宿で、初公開ラフ画など』

2019年12月6日 15:05

菅田将暉CDジャケット手掛けるアートディレクター矢後直規の大型個展ラフォーレ原宿で、初公開ラフ画など

菅田将暉CDジャケット手掛けるアートディレクター矢後直規の大型個展ラフォーレ原宿で、初公開ラフ画など

アートディレクター矢後直規による初の大型個展「婆娑羅」が、2020年2月22日(土)から3月8日(日)までラフォーレミュージアム原宿にて開催される。

矢後直規は、人気アートディレクターとしてラフォーレ原宿の広告を多数手がけるほか、Chara、菅田将暉といったアーティストのCDジャケットやMV、写真家・篠山紀信のブックデザインなど、多方面で活躍。2020年に就航が予定されているJALグループのLCC「ZIPAIR」においては、ロゴタイプやシンボルマーク、機体デザイン、制服のディレクションなどブランドの立ち上げに参画し、これまでのアートディレクションの垣根を超えた活動にも注目が集まっている。

今回開催される「婆娑羅」は、矢後直規にとって初となる大型個展。会場は、自身が創り出した数々の世界観が集結した古代遺跡のように構成。未知の文明に迷い込んだような空間を歩きながら、作品を体感できる。

“色彩、形、素材などさまざまな異色のものが過剰にぶつかり合う”という思いが込められたタイトル通り、初公開となる作品やラフスケッチ、再構築した過去作品など、矢後直規ならではの色鮮やかでユーモア溢れる作品が多数ラインナップ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.