くらし情報『水沢アキ歩むスタジオオーナーの道「夢を応援できるのが嬉しい」』

2021年4月5日 11:00

水沢アキ歩むスタジオオーナーの道「夢を応援できるのが嬉しい」

水沢アキ歩むスタジオオーナーの道「夢を応援できるのが嬉しい」


「はい、ブロンクスレンタルスタジオです。ああ、先ほどはありがとうございました。え、忘れ物?わかりました。いま次の方がスタジオを使用中なので、終わり次第、探して連絡させていただきますね」

声を弾ませながら、彼女は電話の向こうの相手に対して、何度も何度も頭を下げていた。不意の電話でインタビューが中断するのは、これでもう3回目だ。

「ごめんなさいねぇ。たいへんなんですよ、ひとりでやってるから。もうね、休んでる暇がないの」

こう言って、屈託のない笑みを浮かべるのは、女優の水沢アキさん(66)だ。17歳で、芸能界デビュー。以後、ドラマに歌、クイズ番組にバラエティにと、多方面で活躍してきた。

人気に火をつけたのがグラビアだった。19歳、雑誌『GORO』で写真家・篠山紀信氏が撮り下ろす「激写」に登場すると、若い男性を中心に人気が沸騰。ダウンタウンの松本人志も「いつもは立ち読みだけど、水沢さんの号は2冊買った」と、後に語ったほどだ。

しかし、最近は芸能界と距離を置いている、とも話す水沢さん。いま、彼女の生活の中心にあるのは、数年前から自身がオーナーを務める東京・下北沢のレンタルスタジオだ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.