くらし情報『ルイ・ヴィトンの新作ブーツ、モノグラム・フラワー型ヒールやジュエリー風ゴールドチェーンがポイントに』

2020年12月3日 16:55

ルイ・ヴィトンの新作ブーツ、モノグラム・フラワー型ヒールやジュエリー風ゴールドチェーンがポイントに

ルイ・ヴィトンの新作ブーツ、モノグラム・フラワー型ヒールやジュエリー風ゴールドチェーンがポイントに

ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)は2020年秋冬ウィメンズコレクションの新作シューズが登場を一部のルイ・ヴィトンストアおよび公式サイトで発売。

ルイ・ヴィトンのエレガントな新作シューズが到着
ルイ・ヴィトンの2020-21年秋冬ウィメンズコレクションから登場する豊富なバリエーションのシューズより、今回は寒い時期にも活躍するブーツをメインにおすすめをご紹介。

ブランド創業年にオマージュを捧げる「シンス 1854」
ブランド創業年にオマージュを捧げる「シンス 1854(SINCE 1854)」からは、サンダル、ダービーシューズ、ミュール、ブーツなど多彩なラインナップが登場している。同コレクションでは、ルイ・ヴィトンのアイコニックなモノグラム・キャンバスに、ルイ・ヴィトン創業年にちなんだ“1854”を落とし込んでいる。

本格的な冬が始まるこれからにぴったりのショートブーツは、全面に“1854”モチーフのジャカードを採用。スリムなシルエットなので、スカートにもパンツにも合わせやすい。また、「メトロポリス・ライン」のコンバットブーツを“1854”モチーフのジャカードでアレンジした新作も見逃せない。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.