くらし情報『映画『バスカヴィル家の犬 シャーロック劇場版』人気ドラマ映画化、ディーン・フジオカ&岩田剛典のバディ』

2021年3月20日 11:15

映画『バスカヴィル家の犬 シャーロック劇場版』人気ドラマ映画化、ディーン・フジオカ&岩田剛典のバディ

映画『バスカヴィル家の犬 シャーロック劇場版』人気ドラマ映画化、ディーン・フジオカ&岩田剛典のバディ

人気ドラマ『シャーロック』が映画化。映画『バスカヴィル家の犬 シャーロック劇場版』が、ディーン・フジオカ主演で2022年に全国東宝系にて公開される。

ドラマ『シャーロック』映画化
『シャーロック』は、2019年10月期のフジテレビ月曜9時枠の連続ドラマとして放送され、初回視聴率12.8%を獲得するなど好評を博したミステリーエンタテインメントドラマ。アーサー・コナン・ドイルの「シャーロック・ホームズ」シリーズを原案として、現代の日本に舞台を置き換えてストーリーを展開。

ディーン・フジオカ演じる犯罪捜査コンサルタント・誉獅子雄と、岩田剛典演じる元精神科医・若宮潤一が、東京の様々な街で起こる11の事件を解決しつつ、唯一無二のバディとして絆を深めていく青春の記録を描いた痛快ストーリーだ。作り込まれたストーリーと、魅力的なキャラクター、テンポの良い演出が話題を呼んだ。

映画では傑作長編「バスカヴィル家の犬」を題材に
映画『バスカヴィル家の犬 シャーロック劇場版』では、誉獅子雄と若宮潤一の再会後、再びバディとして事件の依頼を受け始めた最初の事件を描く。モチーフとなるのは、シャーロック・ホームズ研究家やホームズファンたちの中でも、シリーズ史上最高傑作と呼び声の高い傑作長編「バスカヴィル家の犬」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.