くらし情報『自衛隊駐屯地で135人のクラスターが発生 「そんなことが」「お大事に」と心配する声』

2021年9月2日 19:20

自衛隊駐屯地で135人のクラスターが発生 「そんなことが」「お大事に」と心配する声

※写真はイメージ

2021年9月になっても終息の目途が立っていない、新型コロナウイルス感染症(以下、コロナウイルス)。

昨年と比べると1日の新規感染者数は激増し、全国的に医療崩壊が懸念されています。

引き続き、政府は不要不急の外出を自粛するよう呼びかけていますが、外出して不特定多数の人と接する必要のある仕事に就く人は、感染対策をするにも限度があるでしょう。

陸上自衛隊の駐屯地でクラスターが発生

同月2日、滋賀県の大津市にある大津駐屯地で、クラスターが発生したことを地元の保健所が認定しました。

産経ニュースによると、大津駐屯所では同年8月23日以降、隊員135人がコロナウイルスに感染したといいます。

感染拡大については隊員が夏季休暇中に感染し、その後、集団生活する隊舎内で広がった可能性があるとのこと。

幸い、現時点で重症者はいませんが、コロナウイルスのワクチンを接種していたのは1人だけだといいます。

災害大国である日本では、有事の際に自衛隊が救助活動を行っています。クラスターが発生すると、緊急事態の対応に支障が出る可能性もあるでしょう。

ネットからは感染した自衛隊員を心配する声や、驚く声が相次いでいます。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.