くらし情報『恩返し? 迷子の犬を飼っていた家族 夜中に犬の声で目を覚ますと…』

2021年12月31日 18:27

恩返し? 迷子の犬を飼っていた家族 夜中に犬の声で目を覚ますと…

※写真はイメージ

アメリカのヴァージニア州で2人の子供と暮らすチャリティ・ゴロウェイさんの家に、ある日突然1匹の犬が現れました。

犬はなぜかチャリティさんの家から離れようとしないため、彼女は放っておけずにその犬を飼い始めます。

海外メディア『WJHL』によると、彼女は犬をバターと名付け、専用の犬小屋も作ってあげました。

夜中に犬小屋から火が!

2021年12月、午前2時過ぎ、眠っていたチャリティさんは、寝室の外でバターが吠える声で目を覚ましました。

彼女がゆっくりとベッドから起き上がると、ガラス窓が割れる音が聞こえたのだそう。

実はこの時、彼女の家で火災が起きていて、熱によって窓ガラスが割れたのです。

バターは火事を知らせようとして、チャリティさんの寝室の外で吠えていたのでした。

彼女は急いで子供たちを起こして、避難しました。

火は驚くほどの速さで大きくなりましたが、消防隊員が到着するまでに彼女の息子が庭のホースで消火したため、外壁などの一部が焼けただけで済んだといいます。


出火原因はバターの犬小屋の中を温めるための電球で、そこから火が家に燃え移ったと思われるそうです。

家族にケガはなく、チャリティさんは「もしバターが火事を知らせてくれなかったら、もっとひどい状況になっていたでしょう」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.