くらし情報『赤ちゃんに寄り添う猫 15年後の姿に「涙が出た」「こんなのずるい」』

2024年5月29日 11:16

赤ちゃんに寄り添う猫 15年後の姿に「涙が出た」「こんなのずるい」

赤ちゃんに寄り添う猫 15年後の姿に「涙が出た」「こんなのずるい」

動物と人間という違いはあれど、ペットは飼い主にとってかけがえのない家族。それはきっと、ペット側にとっても同様のはずです。

互いを尊重し合い、ともに暮らしながらコミュニケーションをとる関係性は、『家族愛』という言葉がふさわしいでしょう。

リキペペ(@eriki1783)さんがXに投稿したのは、まさにそんな絆が分かる写真でした。

愛猫と娘の歩んだ『15年間』に涙

リキペペさん一家の愛猫である大吉くんは、18歳の高齢。リンパ腫の疑いがあり、抗がん剤治療を受けています。

闘病生活を送る大吉くんに対し、リキペペさんら家族は「できるなら、もう少し一緒に過ごしたい!頑張ろうね!」という想いを抱きながら、献身的に支えています。

そんな大吉くんには、ずっとそばで見守ってきた『妹』がいるのだとか。


人間にとっても長い年月といえる、およそ15年もの間、ともに成長してきた尊い存在。リキペペさんは、このようなひと言とともに『兄妹』の歩みを振り返りました。

「娘が産まれて15年。立場が逆転したね、爺!」

猫の写真
猫の写真

写っているのは、大吉くんとリキペペさんの娘さん!

およそ15年前に娘さんが生まれた頃から、大吉くんはすぐ近くで成長を見守ってきました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.