くらし情報『介護施設で過ごす母の日プレゼントに生花はやめて その理由にハッとする』

2020年5月7日 15:53

介護施設で過ごす母の日プレゼントに生花はやめて その理由にハッとする

※写真はイメージ

毎年5月の第2日曜日は『母の日』です。

日頃の感謝を込めて、母親に花やお気に入りの物をプレゼントする人も多いでしょう。

ゆきゑ(@yukiyedomates)さんは、老人ホームや介護施設で過ごす母親に贈るプレゼントとして望ましいものをTwitterで紹介。

ハッとするプレゼントに反響が上がりました。

コロナウイルスで、面会に行けない人たちへ…

ゆきゑさんがおすすめする母の日のプレゼントは『プリザーブドフラワー』。

見た目は生花と変わりませんが、特別な技術で花の水分が抜かれているため、花の美しさを長く保つことができるのです。

介護施設で過ごす母の日プレゼントに生花はやめて その理由にハッとする

※写真はイメージ

ゆきゑさんがプリザーブドフラワーを推奨するのは、介護施設などで働くスタッフの仕事を増やさないためでもありました。

生花をプレゼントすると、どうしても花を育てるために水を変えたり、手入れをしたり仕事が増えてしまいます。

しかし、プリザーブドフラワーなら置いておくだけでも美しさを保つことができ、スタッフの労力をかけずにすむのです。

また、投稿を見た人からは、プリザーブドフラワーだと匂いもないため、認知症の人が食べようとしたり、匂いで体調を崩したりすることも防げるという声も寄せられていました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.