くらし情報『車道にいた犬を保護した男性 首輪に付いていた手紙を読んで思わず泣き出す』

2020年5月15日 10:40

車道にいた犬を保護した男性 首輪に付いていた手紙を読んで思わず泣き出す

Lionel Keith Vytialingam

マレーシアに住むライオネルさんという男性が食料品を買いに出かけた時のことです。買い物を終えて店を出た彼は、小さな犬が目の前の車道を走り回っているのを目にします。

そばを走っている車やオートバイは犬に向かってクラクションを鳴らしていたのだとか。その様子を見たライオネルさんは、犬が車に轢かれそうになるたびに冷や冷やしていました。

彼は急いで車に乗り込んで犬を追いかけ、犬に近づいたところで道路の端に停車して車から降りました。

その時、車道の真ん中にいた犬はライオネルさんに気付いて彼のほうに歩いてきます。ライオネルさんは下手に近付いて犬が再び車道へ飛び出すことを恐れて、その場でじっとしていました。

それから約10分間見つめ合った後、ついに犬が彼のほうに歩み寄ってきたのです。

Note on her rubber band collar

Posted by Lionel Keith Vytialingam on Monday, March 30, 2020
Note on her rubber band collar

Posted by Lionel Keith Vytialingam on Monday, March 30, 2020
犬の首輪には手紙が付いていました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.