くらし情報『『警官による差別行為』で広がる抗議 大坂なおみの反応に共感集まる』

2020年6月1日 13:30

『警官による差別行為』で広がる抗議 大坂なおみの反応に共感集まる

『警官による差別行為』で広がる抗議 大坂なおみの反応に共感集まる

アメリカ・ミネソタ州ミネアポリス近郊で、黒人男性ジョージ・フロイドさんが白人警官に暴行を受けて死亡したことが問題となり、抗議の声が広まっています。

悲劇が起きたのは、2020年5月25日。元警備員のジョージさんは、偽造紙幣を使って商店で買い物をしようとしていた疑いで白人警官に取り押さえられました。

その際、警官にヒザで首を地面に押し付けられ、呼吸が困難な状態に。死亡前、「息ができない…」と訴えていた様子が通行人によって動画撮影されていました。

暴力に関与したとされる警官4人は免職処分にされたものの、いまだに人種差別が社会に根強く残っているアメリカ。

人々の怒りは収まらず、多くの著名人や企業も黒人に対する差別を止めるよう呼びかけています。

大坂なおみがTwitterでコメント

女子プロテニスの大坂なおみ選手も、ジョージさんの死亡で改めて注目されている人種差別について声を上げた1人。大阪選手はハイチ系アメリカ人の父親と日本人の母親を持ち、3歳の時に渡米しました。

同月30日に、そんな大坂選手が次のような言葉をTwitterに投稿して話題になっています。


自分の身に起きていないからといって、それが起きていないということにはならない。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.