くらし情報『顔に大ケガを負い、心身ともに傷付いた保護犬 その後の展開に幸せの涙』

2020年9月28日 13:18

顔に大ケガを負い、心身ともに傷付いた保護犬 その後の展開に幸せの涙

pitsales99

ブラジルに暮らすアレッサンドロ・デスコさんは犬が大好き。中でもピットブルが特に好きだという彼は、非営利で動物保護活動をしています。

2020年4月、アレッサンドロさんのもとに「森の中にケガをしたピットブルがいる」という電話がありました。

現場へ駆けつけると、そこにいたのは目を覆いたくなるほどひどい健康状態のメス犬。

なんと犬の額に穴が開いて、腐った傷口に大量の虫が湧いていたのです。顔は腫れあがって目が開けられない状態でした。

アレッサンドロさんはその犬を『アテナ』と名付けます。そしてすぐに動物病院へ運び、傷の治療が行われました。

海外メディア『Bored Panda』によると、医師たちはアテナを見た時にとても心配になったのだそう。額の傷のひどさだけでなく、彼女の内臓にまで感染症が広がっている恐れがあったからです。

もしそうだった場合、アテナが生き延びられる可能性はほぼなかったといいます。

※画像上の矢印をクリックするとほかの画像を見ることができます。


レントゲン検査や超音波検査などを行った結果、幸いなことにアテナの体内に大きなダメージは見つかりませんでした。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.