くらし情報『「雅び…」「美味しそう…」思わずふり返る青いロッカーの正体とは?』

2020年10月20日 09:55

「雅び…」「美味しそう…」思わずふり返る青いロッカーの正体とは?

このロッカーには、ほかにも『わびぬれば』『こころにも』『しのぶれど』など、百人一首から命名されたネーミングが続々登場しました。

しかも、このトリッキーな命名は、雅びなものだけに留まらないようで…。

『ぶたまん』に『おでん』そして『モーニング』まで!

「雅び…」「美味しそう…」思わずふり返る青いロッカーの正体とは?

写真提供:枚方つーしん

「雅び…」「美味しそう…」思わずふり返る青いロッカーの正体とは?

写真提供:枚方つーしん

大阪には食文化を象徴する『いかたま』『こなもん』なども!

また、東京都世田谷区に設置されたロッカーには『おでん』、新宿御苑付近には『だんご』、そして、都内には『おみそしる』『おにぎり』『やきとり』なども設置されています。

さらには、愛知県や周辺地域では、喫茶店文化を象徴する『おぐら』『モーニング』といった名前まで!

ロッカーの名前から、もう1つの街の景色が見えてくるようですね。

このユニークなネーミングについて、アマゾンジャパンにお話を伺いました。――なぜこのような試みを?

「お客様やドライバーの皆様にとって、親しみやすく、覚えやすいよう、1つずつのロッカーに名前をつけています」

2020年10月現在、国内600か所以上に設置されているロッカーの名前は『料理』『動物』『植物』『楽器』『色の名前』などさまざまなジャンルに及び、『百人一首』は京都府内・大阪府内の京阪電気鉄道の駅に設置され(2020年9月現在)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.