くらし情報『涙腺崩壊!余命3ヶ月の妻が、最低だった夫に遺したクリスマスプレゼント』

2020年11月24日 04:30

涙腺崩壊!余命3ヶ月の妻が、最低だった夫に遺したクリスマスプレゼント

目次

・最低の夫
・話があるの…
・妻が遺した手紙
涙腺崩壊!余命3ヶ月の妻が、最低だった夫に遺したクリスマスプレゼント

ハロウィンがすぎ、クリスマスシーズンの到来を感じる季節。

涙なしでは見られない感動の動画が、YouTubeチャンネル『進撃のミカ』にアップされています。

最低の夫

夫は、家庭を顧みず、休日を返上してまで仕事に行く『最低な夫』でした。帰りは遅く、子育てのほとんどを妻に任せきり。

『家族との時間より出世が大事』と信じて疑うことすらありませんでした。

涙腺崩壊!余命3ヶ月の妻が、最低だった夫に遺したクリスマスプレゼント

妻に「話がある」といわれても、後回し。これが後々、大きな後悔につながります。

話があるの…

ある日、妻に打ち明けられた衝撃の告白。

「実は私、がんなの…」

しっかりものの妻は、終活も入院の準備を全て自分で済ませ、娘たちに家事まで教えていました。

夫は自分の無力さを嘆き、心を入れ替えます。

今更であると分かっていながら…。

妻が遺した手紙

ある日を境に、妻は娘たちに手紙を書き始めます。

聞けば、娘たちへのクリスマスプレゼントなのだとか。

「サンタクロースよろしくね」と、何年分もの手紙を病床で書いていた妻は、クリスマスを迎えることなく、旅立ってしまいます。

涙腺崩壊!余命3ヶ月の妻が、最低だった夫に遺したクリスマスプレゼント

そして一年後のクリスマス。

妻に託された手紙の入った箱を開けた夫は、自分への手紙が入っていることに気がつきます。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.