くらし情報『帝王切開で娘を出産した女性 小学生の頃にもらった『母親からの手紙』に、涙』

2021年7月4日 13:43

帝王切開で娘を出産した女性 小学生の頃にもらった『母親からの手紙』に、涙

帝王切開で娘を出産した女性 小学生の頃にもらった『母親からの手紙』に、涙

2021年4月に、緊急帝王切開で娘を産んだ、HITOMI(@HITOMI79856761)さん。

緊急帝王切開とは、お腹と子宮を切開して赤ちゃんを取り出す方法で、経腟分娩(けいちつぶんべん)の途中でなんらかのトラブルにより、帝王切開に切り替えることが多いといわれます。

帝王切開は、母体と子供を守るために行われる1つの出産方法ですが、日本では「陣痛に耐えて産むのがよい」といった風潮が根強く存在し、偏見に悩まされることがあります。

帝王切開で産んだ母親が、小学生の娘に渡した手紙

娘さんの出産を控え、入院する際に、HITOMIさんは『あるもの』を入院用のバッグにお守りとして入れていました。

それは、HITOMIさんが小学生の時に、母親からもらった手紙です。

HITOMIさんは「帝王切開は我慢強くない子になるっていわれたら、この手紙を読んでもらおうと思う」という1文とともに、母親からもらった手紙をTwitterに公開しました。

帝王切開で娘を出産した女性 小学生の頃にもらった『母親からの手紙』に、涙
帝王切開で娘を出産した女性 小学生の頃にもらった『母親からの手紙』に、涙
帝王切開で娘を出産した女性 小学生の頃にもらった『母親からの手紙』に、涙
帝王切開で娘を出産した女性 小学生の頃にもらった『母親からの手紙』に、涙

手紙によると、HITOMIさんは帝王切開により、仮死状態で産まれたといいます。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.