くらし情報『会社に言うべき?「妊活開始のサイン」を自然と醸し出す方法3選』

会社に言うべき?「妊活開始のサイン」を自然と醸し出す方法3選

目次

・1. 「子どもが欲しい」と伝える
・2. 「通院のため」ということにする
・3. 結婚してる=妊娠の可能性アリ
妊活開始


忙しい会社で、いきなり「妊娠しました」と伝えるのが気が引ける…という人は多いですよね。
しかし、「妊活します」と宣言するのは、その後子どもが授からなかったときに辛い想いをしてしまいます。
では、大っぴらに言わずとも妊活を匂わせるには、どのようなサインを出せば良いのでしょうか。

1. 「子どもが欲しい」と伝える

いくら子どもが欲しいと思っていたとしても、改まって伝えるのはなんだか恥ずかしいですよね。
また、毎月「できた?」、「できてない?」という目で見られるのは、正直耐えられないという女性も多いかと思います。
しかし、まったく伝えないのは…と不安に思ってしまうのも正直なところ。
そんなときは、同僚との世間話の中で「子どもは欲しいと思ってるんだ」などとさりげなく伝えておくのが良いでしょう。
時期までは伝えなくても、子どもが欲しいと思っているということだけなんとなく聞いておいてもらえれば、いざ妊娠が分かったときに「欲しいって言ってたもんね」とスムーズに報告することができますよ。

2. 「通院のため」ということにする

妊活


もしタイミングを取っても妊娠することができず、不妊治療をすることになったとしましょう。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.