くらし情報『『翔んで埼玉』魔夜峰央明かす「パタリロ“殺そう”とした過去」』

2019年1月26日 11:00

『翔んで埼玉』魔夜峰央明かす「パタリロ“殺そう”とした過去」

住まいは、憧れた東京のような都会ではなく、のどかなねぎ畑に囲まれた一軒家だった。

「じつは編集長も、それよりも怖かった編集部長も家がすぐ近所でした。完全にだまされたんです!」

かくして“軟禁状態”を強いられながら、ただひたすら原稿に向き合う日々が始まった。

「1日12時間漫画を描いて、12時間寝て、12時間雑用をする。36時間だから計算が合わない。やっぱり埼玉は魔境なんでしょう。朝、味噌汁の具がないときは、近くの畑からねぎを引っこ抜いたりしましたね」

東京とは異なる時間の流れと、風景。そこで思いついたのが、『翔んで埼玉』だったのだ。

「でも、作品は3話で終了しました。所沢から横浜に引っ越したためです。住んでいない土地のことをちゃかすことはできませんから」

プライベートでは、ファンイベントに参加していた、当時高3だった芳実さんに“一目ぼれ”し、’84年に結婚。2児にも恵まれ、パタリロもわが子のように育てたが……。

「じつはパタリロを“殺そう”としたことがあります。’90年に連載が『花とゆめ』の本誌から別冊に移ったんですが、“左遷された”というような気持ちになって、やめようと思ったんです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.