くらし情報『4K版「八甲田山」が大反響「完全に新作」「鼻水がツララに」』

2019年6月23日 13:36

4K版「八甲田山」が大反響「完全に新作」「鼻水がツララに」

4K版「八甲田山」が大反響「完全に新作」「鼻水がツララに」


1977年に公開された映画「八甲田山」の4Kデジタルリマスター版が、6月14日から上映されている。往年の傑作映画を全国の映画館で1年間上映する「午前十時の映画祭」10周年記念として選出された。映画祭は、今回の10周年記念上映をもって終了する。そんななか上映された「八甲田山」を鑑賞した観客からは、4Kならではの高画質で迫力ある映像に反響が続々と起こっている。

《顔がアップになると毛穴まで見えるほどの高画質で、昔の映画とは思えなかった》
《4Kの映像は鼻水がツララになってるぐらい鮮明》
《完全に新作を観ている気分》
《遠目から見る雪山の美しさと、現場の過酷さのコントラストにやられた》

また《3時間上映のうち4分の3くらいが猛吹雪の映像》《トラウマになるレベルで衝撃だった》《cgで誤魔化すとかありえない昭和ならではのモノホンを撮る絵力》など、昭和の映画に衝撃を受ける声もあがった。

本作は森谷司郎さん(享年53)が監督を務め、高倉健さん(享年83)や北大路欣也(76)、三國連太郎さん(享年90)らが出演した。日露戦争を目前にした陸軍が、真冬に青森と弘前から2部隊に分かれて雪中行軍演習を行うストーリー。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.