くらし情報『父から受けた性虐待体験をもとに被害者を救う!』

2019年7月29日 11:00

父から受けた性虐待体験をもとに被害者を救う!

そのことは、親から性虐待を受けたという事実以上に、被害者を苦しめます」

ゆかりさんは、ときに相談者に会って話を聞くこともある。

「冒頭のAさんは、義父から性虐待を受けていました。それでもしっかりと自分の進路を決め、高校卒業後は県外の大学に進学したいと言ってくれていました。でも、『やっぱり病気がちな母が気がかりだから、自分の思うように生きられない』と苦しんでいるんです。私も、彼女と同じように苦しんだから、『親にしばられなくていいよ』と伝えました」

母親の対応も、被害者のトラウマを深くする。

「私に寄せられる相談の9割が、父からの性虐待を母に相談したとき、『見て見ぬふりをされた』ことが心の傷になっています」

ゆかりさん自身もそうだった。

「性虐待を受けて傷ついても、気付いた大人が全力で守ってあげられたら、その子は早く立ち直れる。私はこれからも、その役割を果たしたいんです」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.